今後はPukiWiki版をご利用ください。

状態異常・状態変化

提供: PSO2 Wiki
移動先: ご案内検索
テクニック > 状態異常・状態変化
概要 | 一覧表 | 解説 | 関連項目
状態異常 || バーン | フリーズ | ショック | ミラージュ | パニック | ポイズン | スタン | インジュリー | バインド
状態変化 || 攻撃力上昇 | 攻撃力低下 | 防御力上昇 | 防御力低下


概要

アークスのキャラクターや、エネミーに発生する特殊効果のこと。
状態異常は基本的にデメリットであり、回復しなければ危険な状況に陥ることも少なくない。
その分、エネミーを状態異常にすることができれば戦闘を有利な状況に持っていくこともできる。
状態異常の回復方法には時間経過、アイテム「ソルアトマイザー」の使用、テクニック「アンティ」の使用など。
一部の状態異常は攻撃を受けることで解除される場合もある。

一覧表

名称か簡易解説をクリックすると詳細解説に移動します。

分類 名称 簡易解説
状態異常
(属性系)
バーン 体が燃えて継続ダメージを受ける
周りに燃え移る
フリーズ 体が凍って行動不能になる
ショック 痺れで行動が中断される
ミラージュ 攻撃が外れる
パニック 混乱して移動方向がおかしくなる
ポイズン 毒で継続ダメージを受ける
回復アイテムの効果が低下
状態異常
(妨害系)
スタン 気絶して行動不能になる
インジュリー 負傷して最大HPが減る
バインド 拘束されて移動できなくなる
状態変化 攻撃力上昇 攻撃力が上がる
攻撃力低下 攻撃力が下がる
防御力上昇 防御力が上がる
防御力低下 防御力が下がる

状態異常

バーンアイコン.png バーン
炎属性アイコン.png 炎属性の状態異常、体が燃えている状態。
キャラクター、エネミー共通の状態異常で一定時間ごとに燃焼ダメージが発生する。
燃焼ダメージは状態異常のLv.が上昇すると割合ダメージが増加する。
ポイズンとの相違点は小さいダメージが短い間隔で発生する。状態異常のLv.が上がるほど状態異常の持続時間も長くなるという2点。
近くにいる同じ勢力同士で延焼する。キャラクター (プレイヤー) 同士、ダーカー種、他の3つの勢力分類される。
例: 龍族エネミーが燃焼中の場合、別の龍族エネミーに燃え移る。キャラクターやダーカーには燃え移らない。
特殊能力「バーン」、炎属性テクニックや、惑星アムドゥスキア火山洞窟で吹き上がる炎や溶岩などによって付与される。
フリーズアイコン.png フリーズ
氷属性アイコン.png 氷属性の状態異常、体が凍りついている状態。
キャラクター、エネミー共通の状態異常で移動、攻撃、アイテム使用など全ての行動ができなくなる。
フリーズのランクにより氷の耐久力が変わり、攻撃が複数回当たると氷が割れて解除される。
攻撃モーション中にフリーズが付与された場合、解除後もモーションが中断されないため被弾に注意。
ガードや回避行動を含んだ全ての行動ができないため、ボスクラスのエネミーやブーストエネミーとの戦闘中では致命的な状態異常。
特殊能力「フリーズ」、氷属性テクニックや、惑星ナベリウス凍土に生息するエネミーからの攻撃などによって付与される。
ショックアイコン.png ショック
雷属性アイコン.png 雷属性の状態異常、感電して痺れている状態。
キャラクター、エネミー共通の状態異常で一定時間ごとにノックバック (仰け反り) が発生し、行動が阻害される。
空中でノックバックが発生してしまうと転倒する。
特殊能力「ショック」、雷属性テクニックや、惑星ナベリウス森林や緊急クエスト中のアークスシップ市街地での天候変化時の「落雷」などによって付与される。
ミラージュアイコン.png ミラージュ
風属性アイコン.png 風属性の状態異常。
攻撃の動作自体は行うものの、一定確率で攻撃判定が発生しなくなる。
攻撃判定がなくなっているかどうかは攻撃が当たるまでわからないため過信はできない。
特殊能力「ミラージュ」、風属性テクニック、それを使用するアークス模倣体の攻撃、ブリュー・リンガーダの攻撃などで付与される。
2014/3/5メンテナンスにより不具合が解消され、攻撃以外のスキルやアイテムの効果が無効化されてしまうことはなくなった。
パニックアイコン.png パニック
光属性アイコン.png 光属性の状態異常、混乱している状態。
対象がキャラクターの場合とエネミーの場合で発生する効果が異なる状態異常。
キャラクターの場合、移動の方向が90、180、270度のどれかに変更され、目的の方向へ移動できなくなってしまう。
攻撃行動、回避行動などに支障が出るため強力なエネミーとの戦闘では致命的となる。
行動自体は可能なのでアイテムやテクニックでの早期回復が重要となる。
エネミーの場合、同勢力含めた敵味方の判別ができなくなり同士討ちを行うようになる。
パニック付与前のヘイトは初期化され、最も近くにいる対象に対して攻撃を行う。
遠距離から付与するとエネミーの向きが変わりやすく、ブレイブスタンス・ワイズスタンスが安定しなくなったり、正面からのヘッドショットが狙いにくくなるといったデメリットもある。
特殊能力「パニック」、光属性テクニックや、惑星アムドゥスキア浮遊大陸龍祭壇に生息するエネミーからの攻撃などで付与される。
ポイズンアイコン.png ポイズン
闇属性アイコン.png 闇属性の状態異常、毒を受けて衰弱している状態。
対象がキャラクターの場合とエネミーの場合で発生する効果が異なる状態異常。
キャラクターの場合、一定時間ごとに毒による継続ダメージを受け続ける。
エネミーの場合、一定時間ごとに毒による継続ダメージを受け、行動頻度が低下する。
毒ダメージはLv.に応じて割合ダメージが増加する。
バーンとの相違点は大きいダメージが長い間隔で発生する。状態異常のLv.に関わらず持続時間が一定であるという2点。
特殊能力「ポイズン」、闇属性テクニックや、一部のダーカー系エネミーの攻撃、トラップなどによって付与される。
スタン
行動阻害系の状態異常、気絶して動けない状態。
キャラクター、エネミー共通の状態異常でアイコンは存在せず、対象の頭上に回っている黄色いエフェクトが目印。
攻撃を食らいのけぞることで解除されるが、キーボード+マウスでは移動キーの連続入力、パッドではレバガチャを行うことにより行動不能時間の短縮ができる。
グワナーダの掴み攻撃など、動作中にスタンを付与することで中断させることができるものがある。
ソード系PAのスタンコンサイド、ナックル系PAクエイクハウリング、カタナ系PAフドウクチナシ、ツインマシンガン系PAデッドアプローチリバースタップ
レンジャーのアイテム使用スキルスタングレネード潜在能力須臾の極などで発生させることができる。
エネミーの場合、キュクロナーダサイクロネーダウォルガーダゼッシュレイダランズ・ヴァレーダダークファルス・ルーサーなど、様々なエネミーの特定攻撃で付与される。
インジュリー
ステータス低下系の状態異常、負傷して最大HPが低下している状態。
ファルス・ヒューナルの剣やブリュー・リンガーダの刀を使った攻撃、ベーアリブルスのボディプレスで発生する事がある。
キャラクターから湧き出る赤い泡のようなエフェクトが目印。
ダメージ計算上で最大値の減少が最優先される仕様のためか、インジュリーが付与された攻撃で効果が発動した場合は最大HP減少分のダメージしか受けない。
重複によるレベル上昇でHP最大値の減少量は大きくなっていくが、上記仕様により付与された攻撃のダメージは無視され、重複による効果上昇分のダメージを受ける。
現在のところエネミーのみが扱う状態異常で、キャラクター側は扱うことができない。
バインド
行動阻害系の状態異常、拘束されて動けない状態。
キャラクター、エネミー共通の状態異常で、電撃のようなエフェクトが目印。
阻害されるのは通常移動のみで、突進や体当たりなどの移動を伴う攻撃は阻害できない。
レンジャーのバインドバレットやファイターのチェイスバインドなどで発生させることができる。

状態変化

グッドステータス、バッドステータスを問わず状態異常と別枠扱い。
アンティでは解除できず、ファイターのスキル「チェイスアドバンス」「チェイスアドバンスプラス」は適用されない。
重ね掛けすると最も効果の高いもので上書きされ、高Lv→低Lvの順で重ね掛けすると効果は高Lvのまま効果時間のみが延長される。
攻撃力上昇アイコン.png 攻撃力上昇
ステータス強化系の状態変化。
攻撃力に関係するステータス (打撃力、射撃力、法撃力) が上昇している状態。
キャラクターがその効果を受ける場合、武器の攻撃力を含まない基本攻撃力を割合で上昇させる。
テクニック「シフタ」やアイテム「シフタライド」の使用で発生させることができる。
エネミーの場合、一部のエネミーが特殊行動で発生させてくる場合がある。アイコンは表示されないものもある。
攻撃力低下アイコン.png 攻撃力低下
ステータス弱化系の状態変化。
攻撃力に関係するステータス (打撃力、射撃力、法撃力) が低下している状態。
キャラクター・エネミー共通で効果を受ける場合、武器の攻撃力を含まない基本攻撃力を割合で低下させる。
エネミーの基本攻撃力は被クリティカルヒットのダメージから逆算した敵攻撃力÷2で求められる。
レンジャーのスキル「ジェルンショット」、潜在能力刹那の衰気」の使用で発生させることができる。
エネミーの場合、ブルメッタの特定の攻撃がヒットしたときに発生することがある。
アンティでは解除できないため、攻撃力上昇で上書きするか、時間経過での消滅を待つしかない。
防御力上昇アイコン.png 防御力上昇
ステータス強化系の状態変化。
防御力に関係するステータス (打撃防御力、射撃防御力、法撃防御力) が上昇している状態。
キャラクターがその効果を受ける場合、ユニットの防御力を含まない基本防御力を割合で上昇させる。
テクニック「デバンド」やアイテム「デバンライド」の使用で発生させることができる。
エネミーの場合、一部のエネミーが特殊行動で発生させてくる場合がある。アイコンは表示されないものもある。


その他の状態変化

ドリンク効果アイコン.png ドリンク効果
ドリンクを飲んだ際の状態変化。
効果は飲んだドリンクによって異なる。詳細はドリンクのページを参照。
ブーストアイテム使用アイコン.png ブーストアイテム効果
ブーストアイテム使用時の状態変化。
獲得経験値+○○%獲得メセタ+○○%ナウラ三姉妹のケーキなどの効果時間中に表示される。
効果時間中に同系統かつ別名のブーストアイテムは使用できない (獲得経験値+25%の効果期間中に獲得経験値+50%の使用など) が、
同系統かつ同名のアイテムは複数使用することで効果時間を最大120分まで延長できる。(獲得経験値+50%を2枚連続で使うと効果が30分+30分=60分になる)
またトライブーストは他のブーストアイテムと併用でき、重複している効果も加算される。
(獲得経験値+50%とトライブースト50%であれば30分間経験値が+100%、獲得メセタが+50%、レアドロップ倍率が+50%になる)
なお、トライブーストとその他の個別ブーストアイテムを併用しても個別ブースト部分の効果時間は延長されないので注意。
(獲得経験値+50%とトライブースト50%を併用しても経験値+100%は30分)
これらの効果時間は原則フィールドに降りている間だけ消費される。
ただし、一部の緊急クエストではクエストが開始されるとロビーやキャンプシップにいてもに効果時間が消費される。
エネミーギフト効果アイコン.png エネミーギフト効果
エネミーギフト効果アイコン.png レアエネミートリガー効果
ステージライブ効果アイコン.png ステージライブ効果
クエスト達成ブースト効果アイコン.png クエスト達成ブースト効果
特定の条件を満たすと付与される状態変化。詳細は各項目を参照。
これらの効果時間はロビーにいる間や、ログアウトしている間も消費される。
なお、エネミーギフト効果とレアエネミートリガー効果は効果時間が残っていてもクエストを再受注したり、ロビーへ戻ると消滅する。

効果時間内での同じ状態異常の再付与

効果時間の上書き
再付与すると効果時間が上書きされる。効果時間が延長されるわけではない。
ポイズンを例に挙げると、残り時間20秒の時に再付与すると50秒ではなく30秒となる。
状態異常のランクアップ
再付与すると効果時間の上書きに加えて1ランク上昇する性質もある。
例えばバーンⅠを付与した状態で、効果時間中にバーンⅠ〜Ⅴを再付与するとバーンⅡにランクアップする。
最終ランクのバーンⅤで再付与した場合は、バーンⅤのまま効果時間の上書きのみ行われる。
纏めると以下のようになる。(効果時間の上書きは必ずされるので省略)
  • バーンⅠ + バーンⅠ = バーンⅡ
  • バーンⅠ + バーンⅤ = バーンⅡ
  • バーンⅡ + バーンⅣ = バーンⅢ
  • バーンⅢ + バーンⅤ = バーンⅣ
  • バーンⅣ + バーンⅡ = バーンⅤ
  • バーンⅤ + バーンⅡ = バーンⅤ
バーン以外にも、フリーズ、ショック、ミラージュ、パニック、ポイズンでも同様の性質がある。

関連項目