今後はPukiWiki版をご利用ください。

フレンドパートナー

提供: PSO2 Wiki
移動先: ご案内検索
アークスロビー > ビジフォン > フレンドパートナー

概要

フレンドのキャラクターNPCパートナーとしてクエストに連れて行くことが出来るシステム。
フレンドパートナーはビジフォンで登録することが出来る。
フレンドに呼び出してもらえば登録したプレイヤー本人と同時にクエスト参加が可能。
同一シップに複数キャラクターを所持している場合、登録した自分自身を呼び出す事も可能。

同行してクエストクリアするとプレイヤーとフレンドにそれぞれFUNが与えられる。
1日の間に貰える量には制限があり、1キャラにつき1回。呼び出し順に合計10キャラまでFUNを貰う事ができる。
プレイヤーは1キャラあたり10FUN (プレミアム加入で20FUN)、一日合計100FUN (プレミアム時200FUN)
呼び出されたフレンドには5FUNが固定で与えられる。

登録時に「フレンド以外のプレイヤーに公開する」を選択することでフレンド以外のプレイヤーがフリーパートナーとして使用できる。
この場合も呼び出した際のFUNが与えられる。FUNを効率よく稼ぎたいのであれば登録しておこう。
フリーパートナーの仕様はフレンド以外も呼び出せるという点以外はフレンドパートナーと違いがない。
※2014/10/8アップデートより負荷対策のため、フリーパートナーの呼び出し機能が一時停止中。

公式サイトオンラインマニュアル:パートナー

(仕様変更、不具合修正の記録についてはトークページを参照してください。)

詳細

基本的な仕様はパートナーキャラクターと同様であるが、行動方針は個別設定可能。(詳細は「設定項目」を参照。)
パレットの調整などで細かなカスタマイズを行えば、パートナーキャラクター以上の便利なお助けキャラとして機能する。

諸注意
レベルやクラス (サブクラス含む)、外見・オートワード、装備・使用フォトンアーツテクニックビジフォンで登録した時の設定で固定される。
  • フレンドパートナーの登録者本人がクラスやフォトンアーツレベルをグレードアップしても
    ビジフォンで再登録を行わないと更新されないので注意。
  • 1アカウントにつき登録枠は1つまでであり、複数キャラを同時に登録はできない。
  • フレンドパートナーの最大レベルは呼び出すプレイヤーの現在のクラスレベルにあわせて上限キャップがかかる。
    レベルが同等以上ならばフレンドの最大レベルまで。サブクラスも同様。
  • オートワードについてもビジフォンで登録した時の本体のものと同じになるが
    <pos>や<t>などチャットコマンドが含まれているワードは発言しなくなる。
NPCとしての性能
プレイヤー操作時よりも補正により大幅にステータスが下がる。
  • 武器の性能 (打撃力、射撃力、法撃力、潜在能力) は反映されず属性値や特殊能力だけ反映される。 (ただし補正の影響で誤差程度)
  • HP増加系と状態異常系の特殊能力はそのまま反映されるので、スタミナで耐久度をあげたり、ポイズン・ショック等の状態異常系で補助するのは有効。
  • 通常攻撃は全てオートアタックとなり、ジャストアタックは行わない。
  • 法撃系武器は通常攻撃を行わない。
    攻撃テクニックが武器パレット・サブパレットの双方に一切登録されていない場合のみ通常攻撃を行う。
  • ユニットの特殊能力は反映されない。
  • 回避行動も一切取らないため、非常に打たれ弱い。
武器パレット・サブパレット関連
使用する武器はパレット1に登録されているものが選択される。
  • 武器パレットに何も登録しない場合のみ、素手が選択される。
  • パレットに複数の武器が登録されている場合、狙っているエネミーとの距離・対空などを判断して持ち替える。
    NPCの行動ルーチンや武器特性的に不向きな武器もあるので使わせたくない場合は登録時に外しておくとよい。
    (近接打撃武器・射撃武器の特性を持つガンスラッシュを装備したままになることが多い)
    武器の持ち替え優先順位は、近接系=銃剣 (剣モード) >射撃系=法撃系>双機銃 と思われる。
  • サブパレットは1番に登録されているもののみ使用対象。ただし、使用可能クラスでなければ使用できない。
フォトンアーツ・テクニック関連
使用PAは武器パレットに登録されたもので、装備中の武器で使用可能なものすべて。
  • フォトンアーツ・テクニックは装備中の武器で使用可能であれば他のパレットに登録されているものでも武器の持ち替えをせずに使う。
  • 近接系ならオリジナルコンボの登録順も無視して使用する。
テクニックは上記に加えサブパレット1に割り当てられたものも使用する。
テクニックカスタマイズの効果は反映されない。
スキル関連
一部のスキルはフレンドパートナーでは有効にならないため、注意が必要。
  • パッシブ系の一部 (各種ギアやオートメイトなど) は効果が無いが
    HPや打撃などの各ステータスアップ、アイアンウィルやフラッシュガード系、属性マスタリーや各種アドバンス、レアマスタリーなどの多くのスキルの効果が発揮されている模様。
  • アクティブスキルはガンナーのチェイントリガー、ブレイバーのカタナコンバット、レンジャーのトラップ系などは使用しない。
    各種スタンスなどは使用する。
  • レンジャーの特殊弾系スキルは全て有効。
マグ・アイテム関連
メイト系やアトマイザー系は登録時の所持数に関係なく規定数まで使用する。
  • シフタライド・デバンライド・コスモアトマイザーは使用しない。
  • ムーンアトマイザーは特性復活支援を設定している場合のみ稀に使用する。
マグは登録時に装備していたマグが付随する。
  • マグのエネルギーは常に最大として扱われるため、オートアクションも発動する。
    そのため一部マグは注意が必要。
  • サブパレットに登録されていなくてもフォトンブラストは使用する。


設定項目

3種類の設定項目は、パートナーキャラクターの場合も効果は同じです。

キャラクター性

  • ゲーム的な効果はなく、自分のキャラクターの性格イメージを紹介するための設定項目。
一覧
勇者気質 目立ちたがり 引っ込み思案
リーダーシップ ドジっこ 先輩肌
病弱 命知らず 天真爛漫
天然 理知的

特性

  • 行動の傾向などに影響を及ぼす設定項目。
  • パートナーキャラクターの場合、効果の発動条件を満たしている時に「調子がいい」などのオートワードを発言する。

※「パートナーの〜〜」と書かれている場合、別のパートナーではなく
  その特性が設定されているパートナーキャラクター本人を指します。

名称 効果
朝型 現実の時間が午前 (0時〜11時59分) のとき、行動の頻度や精度が上昇する。
夜型 現実の時間が午後 (12時〜23時59分) のとき、行動の頻度や精度が上昇する。
晴れ好き フィールドの天候が晴れのとき、行動の頻度や精度が上昇する。
曇り好き フィールドの天候が晴れ以外のとき、行動の頻度や精度が上昇する。
大型狙い 大型のエネミーやボスクラスエネミーとの戦闘中、行動の頻度や精度が上昇する。
小型狙い 小型のエネミーや中型のエネミーとの戦闘中、行動の頻度や精度が上昇する。
逆境好き パートナー自身のHPが25%以下のとき、行動の頻度や精度が上昇する。
スロースターター 一定数のエネミーを撃破後、行動の頻度や精度が上昇する。
さびしがり屋 パートナーの近くに2人以上のキャラクター (PC・NPC問わず) がいるとき、行動の頻度や精度が上昇する。
ツンデレ 好感度が低いうちは行動頻度や精度が低いが、好感度が高く (好感度 黄.png以上) なると行動の頻度や精度が上昇する。
or
味方のHPが低下すると回復・補助行動の頻度が上昇する。[1]
原生狙い 原生種との戦闘中、行動の頻度や精度が上昇する。
ダーカー狙い ダーカーとの戦闘中、行動の頻度や精度が上昇する。
メカ狙い 機甲種との戦闘中、行動の頻度や精度が上昇する。
龍種狙い 龍族との戦闘中、行動の頻度や精度が上昇する。
海王種狙い 海王種との戦闘中、行動の頻度や精度が上昇する。
黒の民狙い 黒の民との戦闘中、行動の頻度や精度が上昇する。

特殊補正

  • 通常のプレイヤーキャラクターにはない特殊な補正を設定する項目。

※「パートナーに〜〜」と書かれている場合、別のパートナーではなく
  その特殊補正が設定されているパートナーキャラクター本人を指します。

名称 効果
起死回生 パートナー自身が戦闘不能になった際に、1回だけシフタデバンドがかかった状態で即時復活する。
臨戦態勢 エネミーとの戦闘開始時に、一定確率でパートナーにシフタがかかる。
徹底防御 エネミーとの戦闘開始時に、一定確率でパートナーにデバンドがかかる。
激昂 パーティー内の味方が戦闘不能になった際に、パートナーにシフタデバンドがかかる。
復活支援 パーティー内の味方が戦闘不能になった際に、ムーンアトマイザーを使用する場合がある。
コンディションマスター パートナーの攻撃 (テクニックを除く) が命中した時に、エネミーに一定確率でランダムな状態異常を付与する。
発生する状態異常はバーンフリーズショックミラージュパニックポイズンのいずれかのLv.1。
ヒューマン好き パーティー内にヒューマンがいるとき、一定確率でパートナーにシフタデバンドがかかる。
キャスト好き パーティー内にキャストがいるとき、一定確率でパートナーにシフタデバンドがかかる。
ニューマン好き パーティー内にニューマンがいるとき、一定確率でパートナーにシフタデバンドがかかる。
デューマン好き パーティー内にデューマンがいるとき、一定確率でパートナーにシフタデバンドがかかる。
オトコ好き パーティー内に男性キャラクターがいるとき、一定確率でパートナーにシフタデバンドがかかる。
オンナ好き パーティー内に女性キャラクターがいるとき、一定確率でパートナーにシフタデバンドがかかる。

脚注

  1. PSO2 エキスパートガイドとPSO2 EP2スタートガイドブックで記述が異なるため両方記載しています。
    どちらが正しいかは不明です。

関連項目