今後はPukiWiki版をご利用ください。

チャレンジクエスト

提供: PSO2 Wiki
移動先: ご案内検索
クエスト > チャレンジクエスト
緊急クエスト | フリーフィールド | アークスクエスト | タイムアタッククエスト | ストーリークエスト (マターボード)
アドバンスクエスト | エクストリームクエスト | アルティメットクエスト | チャレンジクエスト | 期間限定クエスト


概要

チャレンジロビー

2015年3月11日配信の「幻界への挑戦」で実装された12人で挑戦可能なクエスト。
専用のチャレンジブロック内にあるチャレンジロビーでのみ受注でき、クラスも専用のもので挑むことになる。
チャレンジモードの詳細について

チャレンジロビー

チャレンジブロックに存在するチャレンジクエスト専用のロビー。各シップごとに存在し、ブロック移動に使用するテレポーターから移動できる。
また、全シップのプレイヤーが接続可能な共通シップのチャレンジロビーも存在し、こちらはブロック移動テレポーターのほかクイックメニューからも移動が可能。
共通シップのチャレンジブロックでは所属シップのフレンドリストとは別扱いの専用フレンドリストに変更される。
また、共通シップ内は一定時間無操作状態が続くと自動ログアウトウィンドウが表示され、ウィンドウ表示状態でさらに無操作が続くと自動的にログアウトする。

クエスト内容

クエスト毎に定められたレベル・装備品で、VRエネルギーを補給しながら5つのミッションの達成を目指す。
指定のミッションクリアか、VRエネルギーが0になるのどちらかでクリアとなり、進行具合に応じて報酬の量が変化する。
報酬は「チャレンジマイルアイコン.png チャレンジマイル」という専用ポイントで、チャレンジマイル交換ショップにてレアリティ★13武器や経験値獲得チケットなどのアイテムに交換可能。

基本的に消費アイテム・フォトンアーツ・テクニック・スキルなど全て現地調達となる。
アイテムは全て「地面に置く」ことができ、他のプレイヤーと交換して有利な状況を作り出すことができる。
チャットコマンド<putitem>もしくは<pi>で直前に地面に置いたアイテム名を発言できる。
「<pos>に<pi>置きました」といった感じでショートカットに入れておくと便利。
消費アイテムを除くドロップアイテムはミッションの合間にあるインターバルエリアのリサイクルショップにて別のアイテムと交換できる。
スキルもチャレンジクエスト専用でドロップするスキルディスクを使用して習得する。

VRエネルギーについて

VRゲージ

このクエストにおける制限時間ゲージのようなもの。
道中に落ちているエネルギーカプセル小・中・大を獲得することで回復し、小で5%、中で15%、大で30%回復する。
VRゲージの回復手段はこのエネルギーカプセルの獲得以外にないため、ゲージの余剰が出ないように調整して獲得することが非常に重要となる。
エネルギーカプセルは獲得しない限り消失しないので、ゲージの余剰が出やすいミッションでは1人が最後尾に残ってゲージを管理すると時間的な余裕ができる。

なお、後半のミッションではレーダーに表示されないEXカプセルという隠しカプセルが追加される。
回復量はエネルギーカプセル・中と同じだが、後半ミッションではこれも含めて最低限のカプセルしか配置されていないため、全て取得していかないとクリア不可。

VRゲージの減少

VRゲージの減少は時間経過と戦闘不能の2つのみである。

戦闘不能による減少

戦闘不能になると一律で10%減少し、ムーンアトマイザーかチャレンジドールで復活することで減ってしまった10%が戻る。
キャンプシップに戻ると減ったVRゲージは戻らないので、キャンプシップに戻るのは厳禁。
チャレンジドールを使うと減少しないが、戦闘不能時にVRゲージ残量の判定が行われているため、10%以下で戦闘不能になると即クエスト終了となるので要注意。
10%以下でなければチャレンジドールを持ったプレイヤーが一斉に6人戦闘不能になっても0%にはならない。

時間経過による減少

時間経過による減少量はクエスト開始時 (3カウント終了時) の人数に比例し、回線落ちやクエスト途中破棄で人数が減少してもゲージ減少量に変化はない。
人数を減らすと時間的な余裕が生まれるが、全体の総火力と獲得アイテムの総量は減るためプレイ時間は伸びがちになる。

ゲージ100%を使い切るまでの秒数
1人6675人4179人251
2人6286人35810人228
3人5567人31311人213
4人5018人27812人201

※このデータはMISSION:始動におけるものです。

チャレンジマイル

チャレンジマイルはミッションのクリア状況やマイルクリスタルの獲得量などに応じて加算される。
チャレンジランキングではリザルトで獲得したポイントがそのまま反映される。
よって上位を狙うであれば4人パーティーの結成は必須となる。

クリア率

各ミッションのクリアによって得られるマイル。
途中でクエストが終了した場合、そのミッションのクリアで得られるマイルを達成率で割った量がそのまま加算される。(小数点以下切り捨て)
例)クリアすると1000マイルが得られるミッションが半分程度でVRゲージが尽きて終了した場合、達成率50.00%となり、1000pt×50.00%で500ptが加算される。
各ミッションクリアで得られるマイルは各クエストの個別ページを参照。

マイルクリスタル

マイルクリスタルは道中にいくつか落ちており、獲得するとリザルト時にマイルが加算される。
加算の対象は参加しているプレイヤー全員なので拾うのは誰でもよい。

パーティーボーナス

ちょっとしたおまけでクリア時に参加していたパーティーメンバー数に応じてマイルが加算される。
2人で10pt、3人で15pt、4人で20ptとほぼ誤差に等しい。
しかし、ミッション3や4でVRゲージが尽きるようであれば大きいボーナスとなる。

合計インターバルマイルボーナス

各INTERVAL AREAに参加者全員が突入すると、VRゲージの残量1%につき1マイルがボーナスとして加算。
最終ミッションクリア時に残っていたVRゲージもこのボーナスに加算される。

戦闘不能回数

戦闘不能になったとき、キャンプシップに戻ってしまうと減点される。
0回で満額の20マイルのボーナス、1回戻ると10マイル、2回以上で0となる。

専用クラス「チャレンジャー」

チャレンジブロックにいる間は自動的に変更される、チャレンジャーアイコン.png チャレンジクエスト専用クラス。

所持アイテムは装備中のコスチューム・パーツを除き、一時的に未所持になる。(通常ブロックへ戻ることで元に戻る)
初期状態のレベルは1で、ステータスに種族・性別の差は存在せず、どの種族・性別のキャラでも同じ数値になる。
初期取得スキルはガードジャストガードステップステップアタックダイブロールミラージュエスケープジャストリバーサルなどの基本的なもののみ、
フォトンアーツ・テクニックはすべて未習得の状態になる。

武器・ユニット・フォトンアーツ・テクニック・スキルはチャレンジクエスト内で入手していくこととなるが、
装備条件に関わらず、すべての武器・ユニットが装備できる。すべてのPA・テクニックが習得でき、前述のように装備武器に制限がないため
対応した武器さえ装備していれば、習得したすべてのPAが使用できる。(テクニックはサブパレットを用いれば武器も必要としない)
スキルはPA・テクニックのようにスキルディスクを入手して習得し、何の制限もなくすべてのスキルが習得できる。
使用にあたっては、スタンススキルのみ「同時使用が2つまで」の制限があるが、その他のスキルは制限なく使用できる。

なお、クエスト中に上がったレベル、習得したPA・テクニック・スキル、入手したアイテムはクエスト終了後、チャレンジロビーへ戻るたびに初期状態へリセットされる。

クエスト一覧

VR空間
VR空間.png
MISSION:始動

関連項目